Copyright (C) 2016 , Norikura Mt.hut. All right reserved

乗鞍岳頂上小屋3026m

 

剣ヶ峰登頂コースガイド

 

剣ヶ峰頂上までのコースタイム

畳平 → 肩ノ小屋(40分) → 頂上小屋(50分) → 剣ヶ峰頂上(10分)

肩ノ小屋口 → 肩ノ小屋(30分) → 頂上小屋(50分) → 剣ヶ峰頂上(10分)

剣ヶ峰登山口から頂上小屋、剣ヶ峰頂上ルート図

➊ 肩ノ小屋の正面広場から剣ヶ峰登山口を見る。朝日岳を手前に蚕玉岳が見える。

➋ 登山口から数分進んだザレ場から中間部を見る。下山時の転倒に注意!

➌ 登山道中間部が見える登山口から約25分。大岩の上あたり小休止のスペースあり。

➍ 登山口から5分の3程進んだ石畳の終了部。蚕玉岳への登りが続く。

➎ 剣ヶ峰頂上が正面に見える。右上道標は蚕玉岳頂上。登山口より45分。

➏ 頂上小屋入り口に到着。登山口から50分。ここから頂上まではゆっくり約10分。

➐ 長野県側頂上。乗鞍朝日神社の祠が見える。頂上手前には千町登山道への降り口有。

➑ 岐阜県側頂上。3026mの道標が立つ。正面には大日岳(登頂禁止)左奥は御嶽。

専用道路中間、右に不消ヶ池(立入禁止)。この手前にお花畑に続く木の階段がある。この先に富士見岳の登山口が出てくる。

畳平から専用道路を利用し肩ノ小屋前登山口に至る県境広場付近の説明図 A

大黒岳登山道から見る畳平周辺の展望。剣ヶ峰頂上への一般的な道程は畳平より手前の鶴ヶ池に沿う園路を県境広場に進み、広い作業道路の東京大学専用道路を肩ノ小屋に向かう。頂上まで約30分の富士見岳に登頂し専用道路に降りる道程、畳平からお花畑を経由して専用道路に合流することもできる。剣ヶ峰登頂後の帰路も同様の選択肢があるので天候、体調を勘案して乗鞍岳の楽しみを増やすことを薦めたい。

剣ヶ峰登山口、肩ノ小屋は左方向に進む。右方向に行くと旧コロナ観測所の立つ摩利支天岳。旧観測所建物は立入禁止。

エコーライン肩ノ小屋口バス停から肩ノ小屋に至るコース図 B

頂上小屋テラスから見る肩ノ小屋口バス停から肩ノ小屋に至る登山道全景。肩ノ小屋から右上に伸びる道路が専用道路で畳平に続く。